【補足】インラインフィギュアスケートのウィール構成とブレード付け替え

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

記事タイトル「【補足】インラインフィギュアスケートのウィール構成とブレード付け替え」のイメージ画像

インラインフィギュアスケートのウィール構成とブレード付け替え

ウィール(ホイール)は、いくつかの部品の組み合わせで構成されています。
ここでは「ウィールの構成」「アイスブレードからインラインフレームへの付け替え」「トウストップの調整と固定」についての解説です。

ウィール(ホイール)の構成(ベアリング/スペーサー/ボルトなど)

■ウィールの構成部品とハンドツール道具
1つのウィールには、スペーサー1個とベアリング2個を組み込みます。
ウィールボルトと留めネジで、ウィールをフレームに取り付けます。

組み込みを分解された単体状態でのウィール、ベアリング、スペーサー、留めネジ心棒と留めネジ、六角レンチなどが付いたハンドツール道具が写されている画像

 
 

T字型ハンドツールには、六角レンチになっている部分と、ウィールに嵌め込んであるベアリングとスペーサーを外す際に使う、ベアリングを押し出すための部分があります。

ハンドツールの六角レンチ先端部分の拡大アップ撮影画像

T字型ハンドツールのベアリングを押し出すための持ち手の両端にある突起部分の拡大アップ撮影画像

 

ウィールボルトと留めネジ。ネジ穴は六角形です。

ウィールボルト(ウィ―ルとベアリングの心棒)の画像

ウィールボルトの片方の先端部を留める留めネジの画像

 

スペーサーとベアリング2個。1つのウィールにスペーサー1個とベアリング2個を組み込みます。

ベアリング2個と1つのスペーサーの画像

 
 

スペーサー1個とベアリング2個が組み込まれている状態のウィールです。(表側と裏側)

1本のスペーサーと2個のベアリングが嵌め込まれている状態のウィールの画像

 
 

ベアリングを外す時は、T字型ハンドツールを使って、ベアリング(スペーサー)を少し強めに押します。

T字型ハンドツールの持ち手の端にあるベアリングを押し出すための突起部分で、ウィールからベアリングを押し出そうとしている場面の画像

 
 

すると、先ず裏側(反対側)のベアリングとスペーサーが外れます。残りのベアリングは手指でも外すことが出来ます。

ハンドツールで押し出して、片方のベアリングが外れ落ちた場面の画像

 
 

本来はウィールの内部に組み込みますが、参考のため、ウィールの外部で組み立ててみます。
ウィールとベアリング、スペーサー、ウィールボルト、留めネジの組み立て展開画像です。

ウィール・ウィールボルト・ベアリング2個・スペーサーを展開図のように並べて置いてある画像と、展開画像からベアリング2個をスペーサーに嵌め込んだ画像の2つの画像を1つの画像にまとめた画像

 
 
スペーサーに嵌めた2つのベアリングのスペーサーのストロー状の空洞穴にウィールボルトを通した状態の画像と、スペーサーに通したウィールボルトの片方を留めネジで留めた状態の画像

 
 

今度は、実際にウィールにベアリングとスペーサーを組み込んでみます。

組み込まれていない素の状態のウィールとウィールに組み込んでいくベアリング2個・スペーサー・ウィールボルト・ウィールボルト留めネジなどをバラに置いてある画像

 
 

先ず、一つめのベアリングを手で嵌めます。ベアリングは表裏どちらでも嵌ります。

ウィールに1つだけベアリングを嵌めた状態のウィールの画像

 
 

ウィールを裏返します。

ウィールを裏返した状態(片側だけにベアリングが1つのみ嵌っている状態)画像

 
 

嵌め込んだベアリングにスペーサーを差し込みます。

スペーサーを嵌めた状態の画像

 
 

もう一つのベアリングを手で嵌めます。

もう一つのベアリングを嵌めた画像

 
 

実際にはフレームに取り付けますが、一旦、外部にてウィールにウィールボルトを通してみます。

2個のベアリングと1本のスぺーサーを組み込んだウィールに、ウィールボルトを通した画像

 
 

ウィールボルトの先の内側には、ネジ溝があります。

ストロー状のウィールボルトの先端部分の内側がネジ溝状部分の拡大アップ画像

ストロー状のウィールボルトのみの先端部の内側にネジ溝があることが分かる、先端部の拡大アップ画像

 

そのネジ溝に、留めネジを回しいれます。

ネジ溝があるウィールボルトの先端を留めネジで留めた画像

 
 

上から見ると、ボルトの両端部分はフレームの厚さの分だけ余っています。

留めネイを留めた後のウィール全体を写した画像

 
 

ウィール脱着の参考動画(下記画像クリックでYouTube動画表示)

YouTube参考動画・リンク用サムネイル画像

Inline Tutorial [01] - Smontare ruote e freni(7:57)

アイス用ブレードからインラインフレームへの付け替え

アイス用のブレードが付いていますが、いくつかのネジ穴は利用していない状態です。

アイス用フィギュアスケートブレードが付いた状態のフィギュアスケート靴を、靴底の方から撮影した画像

 
 

前部分は4箇所、踵部分は3箇所、ネジ留めされています。

前部分に4ヶ所と踵部分に3ヶ所ネジ留めされている状態を写した画像

 
 

ブレードを外しました。

全部のネジを外してアイスブレードを靴から離した状態のブレードと靴が横に並んだ画像

ネジ穴が開いている状態の前部分と踵部分の拡大アップ画像

 

つま先と踵の中央に印を付けました。

つま先中央と踵中央部に白いテープを貼り、印を付けた状態のつま先と踵部分の画像

 
 

フレームの取り付け位置は、靴のつま先先端からと踵先端の両端から少し間を空けて取り付けます。
間は、踵よりもつま先の方を、少し多めに空けます。
(例:AC 3mm / BD 2mm)

フレームを取り付ける位置を示した靴底のイラスト画像

フレームの取り付け位置を示した前部分のアップと踵部分の両方の拡大アップ画像

 

靴底にフレームを位置調整してあてがい、養生テープ等で仮固定し、インラインフレームのネジ穴位置にペンで白点の印を付けました。

フレーム取り付け用のネジ穴部分(全11ヶ所)にペンで白い点の印を付けてある状態の靴底を写した画像

白色の点状のネジ穴印の前部分と踵部分の拡大アップ画像

 

ペーパーに、アイス用ブレードネジ穴位置とインラインのネジ穴位置を印してみました。
黒点がアイス用、赤点がインライン用のネジ穴位置です。

白い紙に1つの靴底の縁取り図に、黒色点でアイス用ブレードのネジ穴印を付け、赤色点でインラインフレームのネジ穴印を描いたイラストの画像。アイス用ブレードとインラインフレームではネジ穴の位置がずれていることが分かる画像

 
 

インラインフレームをネジ留めしました。今回は仮留めで、前部分3箇所と踵部分3箇所を留めます。

前部分に3ヶ所、踵部分に3ヶ所の合計6ヶ所、靴底にインラインフレームをネジで留めた写真画像。

3ヶ所ずつネジ留めした状態の前部分と踵部分を写した画像

 

スペーサーとベアリング2個を組み込みんだウィールを、フレームに取り付けます。

フレームにウィールを嵌めこんだ状態の画像

 
 

フレームの穴とウィールの穴位置を合わせて、そこにウィールボルトを差し込み通して留めネジで留めます。

フレーム嵌め込んだウィールにウィールボルトを通して留めネジで留めた状態の画像

 
 

留めネジをある程度まで手で締めます。その後、2つのT字型ハンドツールを使って両方から回し締めます。

手で嵌めて回し締めた留めネジを、最後に2本のT字型ハンドツールの六角レンチの部分で両方から締めている場面の画像

 
 

ウィールは、基本的には、絵柄のある方を外側に向けて取り付けます。

ウィールの裏表。基本的には絵柄がある方を表側にして取り付ける。ウィールの絵柄を外側に組み込んであるフレームの画像

靴からアイスのブレードを外した後、インラインフレームを取り付けて、ウィールを全部組み込み完成完了した1つの靴全体の画像

 

アイス用ブレードからインラインフレームへの付け替えが終了しました。
靴の総重量はアイス用よりもインラインの方が少し重いです。
高さはアイス用よりもインラインの方が少し高いです。
フレームに応じたサイズのウィールを取り付けるのがセオリーですが、ひとまわり小さいサイズのウィールを取り付けると、高さが少しだけ低くなり、更に小回りが効くようになります。

左にブレードが付いたアイス用フィギュアの靴、右にフレームが付いたインラインフィギュアの靴を並べた画像

 
 
付け換えの参考動画(下記画像クリックでYouTube動画表示)

YouTube参考動画・リンク用サムネイル画像

How to Attach Snow White inline figure skating frame (1:00)

トウストップの出し具合調整と固定

つま先部分、一番先端部分のネジをT字型ハンドツールを使って回し緩めます。

フレーム先端のトウストップの部分の拡大アップ画像

トウストップの根元留めネジ部分をT字型ハンドツールの六角レンチ部分で緩めている場面の画像

 

トウストップを回して、一旦、取り外してみました。トウストップを、好みの出具合の長さ分だけ回し入れます。

トウストップのネジ心棒を回転させて全部緩め、トウストップを取り外した場面の画像

トウストップを好みの長さ分だけ回し入れたところの画像

 

T字型ハンドツールで、つま先先端部分のネジを回し締めます。確認のためトウストップを手で回してみます。
もしトウストップが回るようであれば、つま先先端のネジを少し強めに再度回し締めると
トウストップが回らなくなり、固定されます。

トウストップの出し過ぎは、滑走中にトウを利用した際、外れてしまう原因になりますので、しっかりと固定されるよう、最低限、ある程度は回し入れておきましょう。

好みの分だけトウストップを回し入れて、最後に根元部分の固定ネジをT字型ハンドツールの六角レンチ部分で締めて固定しているところの画像

 
 

インラインフレームはアイスブレードよりも少し高さが高いので、少しの傾斜で、アイスよりも深いカーブ滑走が可能です。
しかし、小さい急カーブはアイスの方が小回りが利くようです。一長一短です。
トウストップは少しずつ擦り減ります。使用頻度によりますが、年に1度くらいの取替えが必要かもしれません。
ウィールは割と長持ちしますが、得手の片方のカーブ滑走を沢山すると、片方だけ磨耗しますので、左右均等に滑走すると磨耗も均等になります。苦手な反対カーブも滑走するようにすると良いでしょう。
また、ウィールの配置や裏表を交換設置(ローテーション)することでもウィールの磨耗を均一にすることができます。

インラインフィギュアスケートフレームが付いた白色リスポート社の靴全体の画像

インラインフィギュアスケートフレームが付いた黒色の靴全体の画像

インラインフィギュアスケートフレームが付いた白色エデア社の靴全体の画像

インラインフィギュアスケートの靴とフレーム

タイトルとURLをコピーしました